Skip to main content

◆トップページ
◆起業家・経営者のお客様
¶ 建設業-construction-
† 建設業許可
† 産業廃棄物業処理業許可
† 廃棄物再生事業者登録
† 解体工事業登録
¶ 不動産業-realestate-
† 宅地建物取引業免許
† マンション管理業登録
¶ 医療・薬局・介護-medical-
† 医療法人設立
† MS法人設立
† 薬局開設許可申請
† 介護保険事業許可
† 医療機器製造販売業許可
† 医療機器販売業許可
¶ 運送業・物流業-transport-
† 貨物自動車運送業許可
† 旅客自動車運送業許可
† 貨物利用運送事業許可
† 倉庫業登録
¶ 法人・組合設立-association-
† NPO法人設立
† 有限責任事業組合設立
† 管理組合法人設立
¶ 開業・新事業-business-
† 株式会社設立
† 電子定款認証業務
† 合同会社設立
† 許認可取得・届出
¶ 契約書・企業法務-contract-
† 契約書
¶ ペット法務-pet&low-
† 動物取扱業登録
◆一般・個人のお客様
◆プロサポート業務
◆士業メンバーシップ
◆プライバシーポリシー
◆料金について
◆お問い合わせ
お知らせ
相互リンク
事務所アクセスマップ
メンバーのログイン
トップページ起業家・経営者のお客様医療・薬局・介護関連>MS法人設立


MS(メディカルサービス)法人設立

 

 非営利性を原則とする医療法人では、MS法人を活用することで、院内外での営利性を持った事業も行うことが可能となります。

 現在、訪問先病院での、MS法人の導入も増加しております。当事務所では、その設立の向け全面的なサポート業務を推進しております。

 

 

 

 

1.MS法人について
MS法人とは、いわゆるメディカルサービス法人の略で、現在医療法によって医療法人が行うことのできない営利事業を担わせるために設立された「会社」のことです。

 眼科クリニックの隣でメガネ・コンタクトレンズの販売店があるのをよく見かけると思いますが、コンタクトレンズは医療用具であってもその販売は医療機器販売業とされており、医療法人の非営利性に抵触するとされますので、こうした場合に、医療法人とは別組織である会社(MS法人)を設立して、販売だけをその会社に担わせるという方法が利用されています。
 他に、私が訪問する病院では、院内喫茶店・売店経営、薬局経営等に利用されているケースがよくあります。MS法人の法的な形態としては、一般の営利法人である株式会社(有限会社)と同視できます。

2.MS法人の設立について

MS法人は一般の会社と同じですので、その設立にあたっては、医療法人のような監督官庁の認可は不要です。通常の会社設立と同様に、定款の認証、株主総会(社員総会)、取締役会等の決議、出資金払込みを経て登記を行うことで設立できます。

 但し、営業許認可を要するものに関しては、別で十分に検討しておく必要があります。

3.MS法人の営利性と医療法人の非営利性の抵触ついて
MS法人は、多くの場合、その医療法人との関係が密接な場合が多く、役員構成に関しては、十分な配慮が必要となります。その点に関しては、通常の会社設立を行おうとする場合と大きく異なる点と言えます。

 もう少し分かりやすく言いますと、医療法人とMS法人は、取引関係にあって利害の相反する立場となります。そこで「医療法人」と「MS法人」の代表者(理事長と代表取締役)が同一人物であると、利害相反関係の立場を同一人物が兼ねてしまうわけです。
 理事は、法人との「委任関係」に基づいています。利害相反する相互の法人の代表者が同一人物であるときは、原則として医療法人はその意思決定において、非営利性を貫かねばならず、反対に、営利法人であるMS法人は、会社という性質上、利益(営利)を追求することになります。
 その結果、同一人物が両法人の(理事会・取締役会等の審議を経たとしても・・)

代表権・業務執行権を持っていることから、医療法人において営利性を完全には否定できず、「非営利性」に抵触すると言えます。

 MS法人の代表取締役は、医療法人の理事長を兼ねることは望ましくありません

 

4.MS法人での役員兼務について
医療法人の平理事(代表権のない理事)がMS法人の代表取締役を兼ねている場合、医療法人の意思決定においては、理事会における制御がなされ、医療法人の代表権もありませんので、この場合は、問題ないと考えられます。反対に、医療法人の理事長がMS法人の平取締役を兼ねることも、同様の理由で問題ないでしょう。

 要するに、3での説明のとおり、相互に利害相反関係にない立場であれば、役員兼務も禁止されていないということです。

5.MS法人設立の目的

(1)所得税だけでなく相続税も含めた総合的な節税対策を行い、これを原資として経営全体の改

   善や医療の向上を図っていこうとする経営方策をもつ。

 

(2)節税による医療設備の充実と、相続税対策による医療の承継、存続性を確立する。

 

(3)「ライフタックス」の観点から、目前ではなく長期的な見地から節税対策を講じ、MS法人に蓄

   積された原資をもって、将来の安定化、健全化を達成する。

6.MS法人設立の注意点
(1)利益操作、トンネル会社といった誤解を招かれないようにすること。

 

(2)節税は手段であって目的ではないを基本にプランニングすること。

 

(3)第三者主義、物的証拠による裏づけを以って確立すること。

 (契約書の作成・請求書の発行・銀行を通しての、お金の動き等)

 

(4)業務を段階的に分担分野に加え込んでいき、決して焦らないこと。

7.MS法人の具体的な業務
(1)販売業 
 消耗品・備品の販売(医薬品・医療器具は認可が必要なので取り扱えない)税務当局の認める利益率までを限度とする。

 

(2)リース業 

 規模拡大時の医療機器等の動産、新増築するための土地・建物の金利・減価償却費・維持管理費等をリース料によって解消する。リース料については減価償却費を基準とした税務当局の認める範囲にする。

 動産・不動産購入資金については、院長の個人保証購入物件に抵当権設定など、院長が個人で借入し、それを法人に貸付する形を採用する。土地の含み益を個人に帰属させないように、賃借料を個人から支払って所得税対策を立てる。

 

(3)請負業務 

 医療請求業務として、会計・経理・給与計算、医療施設の維持・管理・改造、医療機器の維持・管理・修理、清掃・警備、広告・保険業務等で業務内容と金額を明確にした契約書を締結すること。

 適正賃金を基準とした税務当局に認められる請負金額にすること。

 このページのTOPに戻る 


 

 

 

 

 

ネクスト中央事務所

なら行政手続サポートセンター


〒639-0231

奈良県香芝市下田西4-152-1

(グローリー香芝Ⅳ番館506号)

 

当事務所は、近鉄下田駅前スグ香芝市役所・香芝警察署から徒歩5分の事務所です。


-完全予約制-

(F)0120-898-115

TEL/FAX 0745-76-9266

お急ぎのお客様は

携帯まで090-1673-3609 


(無料相談希望)



運営サイトのご紹介

 

JIMDO PRO版公式ホーム

 

NCP遺言・相続サポート

 

NCP会社・法人設立サポート

 

NCP資産設計・保険サポート

 


主な活動エリア

 

奈良市、大和郡山市、香芝市、王寺町、斑鳩町、広陵町、大和高田市、橿原市、平群町、天理市、生駒市、葛城市、御所市、宇陀市、大淀町、吉野町、五條市、大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、羽曳野市、富田林市、藤井寺市、松原市、太子町、河南町、河内長野市、堺市、狭山市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、泉佐野市、門真市、守口市、大東市、四条畷市、交野市、寝屋川市、枚方市、吹田市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市、尼崎市、伊丹市、西宮市、その他近畿一円の地域


相互リンク・士業メンバーシップは随時募集しております。

 

「お名前又は事務所名」「活動内容」「URL」等を下記メールアドレスまでお送り下さい。

 

    

office@next-central.com

(相互リンク希望)

(士業メンバーシップ希望)